【SFC】ルドラの秘宝

スクウェア(現:スクウェア・エニックス)の全盛期にSFCソフトとして発売された「ルドラの秘宝」。
当時のSFCとしては最高峰と称されたグラフィック、人類滅亡をテーマにしたストーリー、そしてRPGには必ずと言っていい程登場する「魔法」。これを自らが作成できる「言霊システム」が最大の特徴です。
「言霊システム」は規定文字数で好きな名前を決めることができ、決めた名前に応じてエフェクトや威力、消費MPが決まります。
暇つぶしゲーム開始初期に協力な「言霊(=魔法)」を使用することもできますが、その分消費MPが膨大になるため、序盤はそこそこの言霊と強力な相手用の言霊。冒険が進む毎にバランスを考えながら言霊を入れ替えていく楽しさ、思いがけず強力な言霊を生み出すことができた際の快感などは他のRPGでは味わうことができません。
もちろん、某有名RPGの魔法の名前を拝借してもかまいません。殆どの場合、予期した効果の言霊を利用することが可能になるはずです。
当時のスクウェアのFFやフロントミッション、サ・ガシリーズや聖剣伝説シリーズの影には隠れていますが、SFC終期の名作だと思います。

TOPに戻る>>暇つぶしサイト

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ