中毒性のベアルファレス

最初に言っておきますが、私はアクションRPGと呼ばれる暇つぶしゲーム全般が苦手です。
謎解きだとか、ジャンプして走って障害物をギリギリでかわして…というようなプレイヤーに
高度な操作を要求される暇つぶしゲームがとにかく苦手!
……つまりは暇つぶしゲーム操作が下手なんです(笑)
ただしベアルファレスという作品は非常にハマりました。
このベアルファレスという暇つぶしゲーム、初代PSで発売されていた暇つぶしゲームなので、結構古い暇つぶしゲームなんですが、先日PSPのアーカイブスでダウンロード販売されているのを発見し、男女主人公が
会えラベルというところと、男女ともに恋愛できるし同性同士のエンディングも見れると
いうところに興味を持ってダウンロード。
いやあ、はまりました(笑)
巷の評判では、暇つぶしゲーム内容は非常にいいと大絶賛されている暇つぶしゲームだったのですが、
当時は大規模タイトルの暇つぶしゲームが同時期に発売されていたり、序盤の難易度の高さに心が折れるプレイヤーが続出したらしく(この暇つぶしゲーム、序盤が最も難易度が高いという鬼畜設定)その暇つぶしゲーム性の高さが
一部にしか伝わらず、埋もれてしまった隠れた名作のようだったのです。
その評判の通り、私もプレイして難易度の高さなんてどうでもいい!と思うほどに熱中。
アクションRPGが苦手な私が意地と執念でクリアしましたからね。
この暇つぶしゲームの中毒性はやばいです。面をクリアするごとに妙な爽快感がありました。
現実的なシビアさの中に、宗教観念と切なさが含まれたシナリオ、冒険心うずく世界観。
そしてアクションPRGの中でも屈指の難易度を誇るベアルファレス。
一度プレイする価値ありですよ。

TOPに戻る>>暇つぶしサイト

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ